総合コンベンション施設、下呂交流会館、スポーツ、会議、集会、展示会、見本市、興行等の開催拠点

下呂交流会館 過去のイベント

過去のイベント

外山啓介 ピアノ・リサイタル

【演奏曲】

W.A.モーツァルト:ロンド イ短調 K.511
W.A.モーツァルト:ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 K331 「トルコ行進曲付」
L.v.ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 op.13 「悲愴」
F.リスト:愛の夢 第3番 S.298
F.リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178


2013年にリリースした最新CD『展覧会の絵』が「レコード芸術」誌特選盤に選出されるなど、
若手から実力派への歩みを着実に進む外山啓介が、“ロマン派ピアノ・ソナタの最高傑作”とも
呼ばれる約30分単一楽章のリスト「ロ短調ソナタ」に挑戦!

かつては長大・重厚かつミステリアスなイメージが先行していたこのソナタも、最近では多くの
ピアニストが演奏会やCDにとりあげるようになり、決して難解な作品ではなく、むしろ美しい
メロディと雄大なスケール感、静と動が織りなす緻密な構成でピアノ音楽を聴く喜びに満ちて
いることが、広く知られるようになりました。
とはいえ、演奏家にとって難曲であることには変わりないこの名曲で、次世代を担うピアニスト、
外山啓介がどんな表現を聴かせてくれるのか、どうぞご期待下さい。

リスト以前の時代のピアノ・ソナタの人気曲、モーツァルト「トルコ行進曲付」とベートーヴェンの
「悲愴」、そして美しいモーツァルトの「ロンド」と誰もが聴きたいリストの「愛の夢」を組み合わせた
このプログラムは、ピアノを学ぶお子さまたちから、いわゆる“名曲”を聴きたい大人まで幅広い方に
ご満足いただけるプログラムです。


外山啓介さんからコメントが届きました♪

今回は、3人の大作曲家の名作ピアノ・ソナタをプログラミングしました。

モーツァルトの、誰もが耳にしたことのある「トルコ行進曲」を終楽章に持つ「第11番」と1曲目の「ロンド」は、
同じイ音を主音とした長調と短調です。その対比もお楽しみ下さい。

ベートーヴェン自らが標題をつけた「悲愴」は、一説によると音楽家にとって致命的な病を患ったことによる
深く大きな悲しみが込められているとも言われている傑作です。

後半はリスト。甘美な「愛の夢」から、最後は「ロ短調ソナタ」。膨大な数の作品を残したリスト唯一のピアノ・ソナタであり、
およそ30分にも及ぶ大作にもかかわらず単一楽章で書かれており、当時の音楽界に賛否両論、非常に大きな影響と波紋を
与えた革新的な作品です。
リストが最も充実した時期に、批判を恐れず自分自身を思うままに表現したこの作品を全国ツアーで取り上げることは、
私自身にとって30歳の節目としての大きな挑戦です。

少しずつ異なる時代を生きた作曲家の代表的な、そして大好きな名曲を演奏できる機会に恵まれたことを、心から幸せに思います。
皆様と会場で素敵な時間を共有できることを楽しみにしております。

                                                           外山 啓介

日程
平成26年11月9日(日)
時間
【開場】14:00   【開演】14:30
会場
泉ホール
入場料
【全席指定】
  一律  2,000円(ファミリー席あり) 

※ファミリー席(O列以降の席と2階左右バルコニー16席〜23席)は、大人1人+子ども1人で2,000円。
 子ども2人目以降+500円毎増。(対象:3歳から高校生まで)
※小学生以上のお子さまは、正規料金をお支払いの場合、ファミリー席以外の購入可(未就学児は不可)。
※グループ割があります。
※車いす席、介助者席をご希望の方は、下呂交流会館へお問い合わせください。
※3歳未満のお子さまはご入場いただけません。託児を用意いたしております。(1人、1,000円)
発売日
平成26年9月14日(日)
下呂交流会館  9時から(電話予約は午後1時から)
チケットぴあ 10時から

その他、ローソンチケット、高山市民文化会館、飛騨市文化交流センターなどでもお求めいただけます。

※発売初日(9月14日)のみ、チケット購入枚数をお1人1回の購入につき、6枚までとさせていただきます。
※グループ割の適用は9月21日(日)からとなります。(下呂交流会館でのみ取り扱い)
グループ割対象公演
一度に10枚以上同時購入した場合に、10%割引いたします。
主催・お問い合わせ
下呂交流会館アクティブ ☎0576-25-5000